集中力をアップさせるコツ

勉強だけに力を入れましょう

勉強を頑張ろうと気合いを入れていたのに、なぜか机に向かうと集中力が途切れがちになってなかなか勉強に集中できないという方も多いです。
集中しようと思うほどプレッシャーがかかるのか、余計に気が散ってしまいイライラすることもあるでしょう。
集中力を高めることができなければ、当然ながら勉強をしても頭に何も入ってこないので意味がありません。
集中力をアップさせるコツをいくつかご紹介しますのでぜひお試しください。

参考:http://goodluckjapan.com/study10/

環境を変えてみる

あなたが勉強している環境はどのような場所ですか?
例えば家庭の生活音が気になって仕方がないという場合は、家族にも協力してもらう必要もありますが、小さな子供がいる家庭では完全に生活音を遮断するのは困難でしょう。
勉強する環境には適していない中で勉強をしているため、苛立ちを感じながら集中できずに悩んでいる方も多いようです。

この場合は思い切って勉強する環境を変えてみてはいかがでしょうか。
家の中が集中できないのであれば、静かな図書館に行っても良いでしょう。
勉強をしようと決めた時間帯は家族に席を外してもらい、短時間だけでも集中して勉強をする環境を作ってください。

誘惑を遠ざける

集中力を途切れさせる誘惑があなたの近くに存在していないでしょうか。
自分の部屋で勉強をしていると、目の前の本棚にあるマンガが気になってしまい、勉強はそっちのけでマンガに夢中になってしまったという方もいます。
テレビをつけながら勉強をしているため、番組の内容が気になって勉強をしていても全く頭に入ってこないなど勉強をしている環境の中で集中力を途切れさせる誘惑がたくさん存在していることが大きな問題になるのです。

勉強をする際には勉強に必要な道具しか周辺に置かないようにしてください。
あなたの視界に入るもの全てが集中力の邪魔をする可能性があるのです。
勉強をする前に部屋の掃除をしてキレイな環境にしてから始めた方が、よほど効率の良い勉強法と言えるでしょう。

定期的に休憩を

勉強に集中していると過ぎた時間を忘れてしまうほど一心不乱に勉強するものです。
集中力を維持しながら勉強をすることはとても良い心がけですが、あまり無理をし過ぎると疲労感ばかり増していき、やがて集中力が途切れがちになります。
今日は2時間勉強したいという計画を立てた場合、2時間通して勉強をするよりも、50分経ったら10分間の休憩を挟んで残りの1時間勉強をした方が集中できて効率の良い勉強になります。
たったの10分だけでも休憩することで、脳の疲れを癒すことができるのです。
2時間通して勉強をしようとすると、恐らく1時間を過ぎた頃から疲れを感じて徐々に集中力が途切れてくるため勉強をしても頭に全く残りません。