医療事務

医療関係の事務職をするのに役立つ

医療事務は、主に病院などの事務業務を行うときに役立つ資格です。

同じ事務でも一般事務と医療事務は仕事内容がかなり違っていて、医療事務の場合は健康保険の点数の計算などがありますので、専門的な知識が必要になります。
こうした知識があることを証明できるのが、医療事務の資格です。

医療事務の仕事は、家庭をもった主婦の方などから人気があります。
病院は土日祝日は休診であるところが多いことや、時間通りに帰宅できるという点、また収入もある程度安定しているのが人気の理由のようです。

実際、医療事務の仕事をしているのは主婦層の方が圧倒的に多く、また一度就職すると長い間続ける人が多いことから、働きやすさや安定度などがわかりますね。

医療事務の資格は需要があるの?

医療事務の資格には、実に多くの賛否両論があります。
実は、医療事務の仕事をするにあたり、資格を必ず持っていなければならないということはないので、資格をとっても就職に有利になるとは限らない、ということ。

また医療事務の仕事は人気があるので、せっかく資格を取得しても、実際に就職できるのはごくわずか、ほとんどの人が就職できず、たまに募集があっても経験者が優遇されてしまうので、資格を取り損になっている、というのがマイナスの意見です。

実際に医療事務の仕事は人気がありますので、就職が簡単というわけではないかもしれませんが、求人サイトなどを見てもわかるように募集自体はたくさんあります。
また、地域にもよりますが必ずしも経験者でなければならないということはなく、実際に医療事務の資格を取得して未経験で就職が決まったという人も多いのです。

こればかりは、その人の環境なども関係してきますので一概にはいえませんが、「需要がない」という言い切ることはなく、資格を取得する価値は十分にあるのではないかと思います。
心配な方は、近隣の医療事務の募集情報を先にチェックして、需要がありそうだと思ったら資格取得を目指してみるとよいかもしれません。

資格取得は独学でも可能ですが、通信講座を受講して取得されるという人が多いようです。
スクールに通う人もいらっしゃいますが、資格取得者は主婦の方々が多いということもあり、主婦層はなかなか決まった時間に外出することが難しいので、通信講座という学び方がライフスタイルに合っているのかもしれませんね。

まずは書店などでテキストを開いてみて、独学でもできるかどうか、通信講座を受講したほうがよいかを検討してみるとよいでしょう。