自分に合った勉強方法

最善の勉強方法はその人によって異なる

資格取得を目指すときには、どうやって勉強をしようかまず考えるのではないでしょうか。
独学でも合格できるようなレベルであれば、書店でテキストなどを購入して独学で学ばれるでしょうし、難易度が高いと思われたら、通信教育やスクールなどを検討するのではないかと思います。

資格取得における勉強方法を、資格の難易度によって検討するというのも選択肢のひとつです。
しかし、実際にはレベルの高さよりも、ご自身の適正に合わせて勉強法を決めるほうが、より合格への近道を辿ることができるように思います。

今までの自分を振り返ってみて、目的に対しては割と努力できるほうだと思われる方は、ある程度難易度の高い資格でも、独学で十分合格できる可能性があります。
もちろん、資格によってはスクールを修了していないと受験できないというものもありますが、そうでない場合は自宅で空いた時間を活用して学んでみてもよいでしょう。

ある程度努力はできるけど、勉強方法がよくわからない、という人は、通信教育のような勉強の流れについてはしっかりとしたカリキュラムがあるけれど、実際にやるのは自分、という方法をチョイスしてみてもよいと思います。

自分から机に向かって勉強するという習慣がない、宿題もいつも忘れていた、という人は、スクールなど直接講師から勉強を教えてもらえるものを利用したほうがよいかもしれません。
中に入ってしまえば勉強するしかありませんから、半ば無理やりでもきちんと学習できます。

費用もポイント

前述したように、勉強方法にはいくつかの種類があり、また費用も大きく変わってきます。
独学で学ばれる場合は最低限の費用で済みますが、通信制やスクールは学費で数万から、多いときは数十万かかることも。

スクールと比べると通信教育のほうがはるかに費用は安いですが、ある意味独学と同じように、自分で意思を持って学びに取り組まないとまったく意味がありません。
通信教育にお金を支払ってもまったく勉強できないということであれば、高額でもスクールに入って勉強したほうが結果的にお金は無駄にならない、ということもありえます。

こうした勉強方法は、ほかの人に話を聞いても参考にしにくいというのが現実です。
その人によって性格や勉強に対する意欲の持ち方が異なりますので、ご自身で自分はどんなタイプかということを客観的に分析し、それに伴った勉強方法を選ぶのが、一番効率的なのではないかと思います。